”天使の罪”をあなたは見ましたか!?

”天使の罪”と名付けられたシャフトブランドがある事を、そしてそのメーカーが限定発売でヘッドを発売した事を。

あなたはご存知でしょうか。

今回ご紹介しますのはまさにそのドライバーとシャフトの組み合わせです。

 

 

Crime Of Angel。

CRAZYやTRPXの流れを汲むそのブランドのモットーは「常識に捕われない個性的で妥協なき商品作り」

そのCrime Of Angelから発売された限定モデルのドライバーヘッドがこのVIRGIN HEART。

 

 

クラウンにも天使の翼が描かれおり、まさに「個性的で妥協なき」ドライバーヘッドとなっております。

 

 

そのVIRGIN HEARTに装着されているのはCrime Of Angelのファーストプロダクトシャフト、Angel。

50g台のシャフトになります。

フレックスはシャフトに入っておりますⅣ~Ⅸのギリシャ数字が表示となり、このシャフトはⅤとなります。

が、これですと「つまり…一般的なフレックスで言うと何?」となりますので(というかぼくがなりましたw)振動数測りました!

 

 

それがこちら。2度測って同じ247cpmが出ました。

50g台である事を考慮しますとやや硬めのSRといったところでしょうか。

更にCRAZYやTRPXの流れを汲んでいる事も考慮しますとズバリSRでも良いかもしれません。

 

「個性的で妥協のない」ドライバー、是非どうぞ!

詳細はこちら

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/