NEWカスタムでパワーアップした『M3』と『M4』!!!

9月~10月にかけて

新作シャフト装着のドライバーが増えてきました!!

 

そこで今回はテーラーメイドの人気商品

『M3』『M4』からNEWスペックを御紹介です。

 

 

今回入荷した計5本のカスタム。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

①『M3 440 10度』×『VR-6(S)』(テクニシャン向け)

操作性に優れたヘッドに相性のよいシャフトは“動きが把握しやすい”事が重要。

シャープな振り抜きを特徴とするVR-6は、手元剛性を高めたコントロール性能にも優れるシャフトです。

弾道のバリエーションが豊富なゴルファーに適した組み合わせになっています。

 

→詳細はコチラ

 

 

 

②『M3 460 9.5度』×『VR-6(S)』(ややテクニシャン向け)

先述のスペック(→①)をやさしめにしたかのような組み合わせです。

VR-6のシャープな振り抜きを活かしながら、460ccの寛容性を優先したスペックになっています。

球の上がりを抑えたい、加えて弾道のバリエーションが多いゴルファーに適した組み合わせと言えるでしょう。

 

→詳細はコチラ

 

 

 

③『M3 460 10.5度』×『EVO V 661(S)』(弾道が不安定なアマチュア向け)

M3とM4の最大の違いはソールウェイトで重心位置を変更できる事。

スピン量の高低や、ドロー/フェード具合の調節等はこだわりゴルファーであれば色々と試したくなるもの。

EVO Vのしなやかな掴まり&弾きを活かしながら、460ccの寛容性を優先したスペックになっています。

 

→詳細はコチラ

 

 

④『M4 10.5度』×『EVO V 661(S)』(直進性と飛びを両立したいアマチュア向け)

 

人によって大型ヘッドは“ややつかまりにくい”とも言われることも。

それは460ccにありがちなヘッドのターン(返り)遅れによる影響かもしれません。

EVO Vのしなやかな掴まり&弾きの性能は、大型ヘッド(460cc)との相性が良く、お互いを活かす組み合わせと言えるでしょう。

 

→詳細はコチラ

 

 

 

⑤『M4 10.5度』×『EVO V 569(S)』(直進性と飛びを両立したいアマチュア向け)

 

先述のモデル(→④)をそのままに、シャフト重量を下げた組み合わせです。

M4のツイストフェース設計(打点のバラつきに強い)を活かし、50g台の振りやすさを求めるゴルファーへ。

 

→詳細はコチラ

 

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/