「ディアマナD+」と「ディアマナ D-リミテッド」

現在、USPGAツアーでタイガーウッズを筆頭に

多くのプロ達が使用する『ディアマナD+(ディー・プラス)』。

 

先行で発売されたUSでは『ディアマナD+』の名前で展開されていますが、日本では2020.3.6から発売され『ディアマナ D-リミテッド』の名前で展開されています。

【Diamana D-Limited】

 

【基本スペック】60Sの場合

・ディアマナD+  重量61g Tq 3.5 Kp 中元調子

・ディアマナD-リミテッド 重量64g Tq 3.4 Kp 元調子

 

「ディアマナD+」をベースとして、

「ディアマナ D-リミテッド」は国内仕様としてデザインとスペックがややアレンジされています。

左を恐れず振り抜ける” “圧倒的な弾道安定性と操作性” 

その性能はプロさながらのスイングスピードにも対応する白マナの特性「手元調子の粘り系」しっかりと継承されています。

 

当初はシャフト交換をするお客様がメインでしたが、次第にカスタム装着品としても選べるクラブが増えてきました。

当社データ(集計期間2020.4月~2020.7月末まで)では、主に60g台の硬さXを選ぶゴルファーから高い支持を得ています。

 

 

そして今回ご紹介するのは

【テーラーメイド SIM 3w】×【Diamana D-Limited 60(X)】!!!

 

SIMフェアウェイウッドはテーラーメイド史上最も低重心化されたヘッドとされ、さらに低スピン設計が持ち味です。

チタンフェースの飛距離性能を曲げずに振っていける組み合わせになっています。

 

詳細はこちら

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/