ルーツは”刀”です!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
日本古来の製鉄技術「たたら製鉄」を用いられたパターです!!

それがこちら!!
TESSEN PUTTERです!!

スライド画像の2枚目にもあります通り、金属に金属をインサートされてデザインされたパター。
このインサートになっている素材こそがこのパターの肝です。

この素材は玉鋼(たまはがね)といい、日本では1,400年ほど前から存在する”たたら製鉄技術”を用いて作られる素材です。
そもそもたたら製鉄とは、元々は砂鉄13tと木炭13tを土で造った炉にくべ、長い時間をかけて燃やし続ける事で、炉の土とともに砂鉄内の不純物を取り除き、非常に純度の高い鉄の塊を作る製鉄法。
この鉧(けら)と呼ばれる鉄の塊の中でも、特に純度の高い良質な部分がようやく玉鋼と呼ばれる様になる、高価な素材です。

こうして作られた玉鋼は、当時は刀の素材となっておりましたが、今回ご紹介のTESSENパターではインサートに採用されております。
それもたたら製鉄で作られた玉鋼を刀匠が刀を鍛えるかの様に鍛錬し、さながら刀そのものの様に仕上げ、更にそんなもはや刀同然の玉鋼をODAパターで知られる小田氏がステンレス製のパターヘッドを作り、その中心にインサートとして収める事でパターとして完成するという非常に手の込んだ逸品です。

そして…ヘッドは純和風ですがシャフトは実力派の洋物です!!

こちら!
LA GOLFの105と135のうち、重い135が装着!!
ヘッドのパフォーマンスを存分に活かす最高峰ならコレ!というシャフトが装着されております。

たたら製鉄で製造された玉鋼の活きた、さながら”ゴルフ場で切れ味を発揮する刀”を是非どうぞ!!
詳細はこちら

実は第二ラウンドです!!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
BALDOの2023年モデルのドライバーです!!

それがこちら!
BALDO CONPEZTIONE 568!!

そのDEEPバージョンです!!

以前このモデルのSHALLOWバージョンをご紹介させて頂きましたが今回はそのDEEPです。
内実としましては以前シャローを作った際にディープもご用意したのですが、ブログ執筆中にディープをお求め頂くというありがたい展開となり、今回花小金井店からご紹介するこの1本は「2本目」、つまりは第二ラウンドとなります。

もちろんフェースはDAT55Gのカップフェース、且つレーザーミーリングも施されたバルドの”全部盛り”フェース。
それもこのカップフェース、熱処理温度を変える事で
・エッジ部分を硬くしエネルギーロスを抑える
・フェース中央はあまり硬くしない事でインパクトで変形して復元する
という二律背反になりがちな「打感の柔らかさ」と「弾きの強さ」を見事に両立。

素材・構造・製法の全てでソフトな打感、高初速、スイートエリアの拡大を成し遂げております。

そして…装着シャフトにはただいまリシャフトで指名買いの多いこちらを組みました!

それがこちら!!
TheATTAS V2 5(S)です!!

ATTASの集大成を謳い、そのクセの無さから大好評を博したTheATTASを更にニュートラルに感じさせる設計になった、メーカーの表現を借りますと「ど真ん中調子」のシャフト。
とにかくクセが無く、かつシャフト全体の中間部のしなり量を抑えてしなり戻り自体は速いシャフトに仕上げる事で、心地よいスイングからしっかり飛距離を出せるシャフトになっております。

2023年のバルドのその「味わい」を是非ご堪能下さい。
詳細はこちら

幻のパター、あります!!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
一時期、全くと言っていいほどその姿を見る事が無かった、まさに”幻のパター”となったこちら!

TaylorMade TRUSS TB1!!

賞金女王を獲った年に稲見萌寧プロが使用していた事で通称”稲見パター”とも呼ばれ、その後も多数のプロが「あれは入る」と使用したパター。
もちろんアマチュアゴルファーもそんな”霊験あらたか”なパターを探し求め、市場からあっという間に姿を消したパターです。

更に更に!後継モデルもテーラーメイドから世に送り出されておりますが、トラスパターの肝であるネックサイズの変更(新型はネックサイズが小型化しました)もあって「この初代こそが最もやさしい!」と今でも高い人気を誇るパターでもあります。

…と、ここまでこのパターを称賛し続けましたが今回の出物に限って言いますとちょっぴり残念ポイントもあります…

それがこちらです…
トップラインに一か所、ちょっと残念なキズがあるのです。
これだけはご承知おき頂ければと思います。

とは言え殆どその姿を見かける事が無くなった”幻のパター”の久しぶりの出物です。
プロアマ問わず未だに探している方も多いプレミアムな1本を是非どうぞ!!!
詳細はこちら

前身にしてこちらもヒットモデル!!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
大ヒットモデルとなったアイアンの前身であり、こちらもヒットモデルとなったアイアンセットです!!

それがこちら!
Callaway X-FORGED STARです!!

幾度となくこのブログに登場しているのは2021年発売の、いわば”2代目”
それに対しこちらは”初代”となります。

もちろん初代の頃から、フェースまで含めた軟鉄鍛造で「軟鉄特有のマイルドな打感」と「ストロングロフトながら上がりやすさも確保されている事で飛んでやさしい」という、二律背反の様に思える要素をかけ合わせられたアイアンになっております。

ネックには2019年モデルである事を表現する「’19」の文字。
そしてもちろん、ひとつ前のモデルですのでお値打ち価格にもなっております♪

装着シャフトはNS950 neo(S)。
ご存知の通りストロングロフトアイアンと好相性の「上がりやすく打ち込んでいける」新世代のNS950。
こちらはもはや「言わずと知れた人気モデル」と表現しても差し支えないシャフトではないでしょうか。

大ヒットモデルのX-FORGED(2021)の祖先は出物の少ないアイアンです。
お気になった方はお早めにどうぞ!!
詳細はこちら

ライトスペックなタイトリスト!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
シャフトが軽くて柔らかめのTitleistドライバーです!

それがこちら!
最新のTSR2ドライバーのロフト10°です!!

様々なところで言及されているためご存知の方も多いかと思いますがTSiからの大きな進化のポイントとしてこれがあります!

バックフェース側のこのウェイトです!
前作であるTSi2はソール面の最後方に配置されていたウェイトが、TSR2ではディープバック形状に生まれ変わり、且つその形状で生み出されたサイドにウェイトを配置する事で非常に深い重心を実現。
これによってバックフェース側を長くして重心の深化をしなくて済む様になり、ヘッド形状に頼らずに上がりやすさを実現しております。
分かりやすくひと言でまとめますと「形状はスッキリしたのにやさしさは変わらない、タイトリストの冴えたやり方」を体現されたドライバーという事です。

そして…そんなスッキリビジュアルのやさしいドライバーにかなりライトなシャフトが装着されております!

こちら!
Tour AD VR-4(R1)です!!

中調子のTour ADの中ではかなりの弾き系、それも40g台のR1(一般的なR相当)とハードさ皆無のシャフト。
それでもタイトリストのドライバーらしくヘッドの重量はしっかりあり(当店計測値で総重量297g)、ただただ軽いだけのドライバーとは一線を画す1本に仕上がっております。

軽いタイトリストという個性的なドライバーを是非どうぞ!!
詳細はこちら

タダモノではないやさしさ!

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
かなりやさしいミウラアイアンです!!

それがこちら!
MIURA PP-9005 Premium!!

PPとはバックフェースにも刻まれておりますPassing Pointの略称。
この名を冠したシリーズはミウラアイアンの中でも珍しい、飛距離とやさしさ重視のシリーズです。

構造はご覧の通りのポケットキャビティ。
更にロフトは5Iで24°、素材もフェースはステンレスと随所に飛びとやさしさを意識した設計が見て取れます。

一方でPremiumと名をつけた通り、表面処理には低摩擦抵抗処理がかけられており、ソール形状のみならず表面処理でも抜けの良さを実現しようという意欲的なアイアンでもあります。

7Iの顔がこちら。
この精悍な顔はまさにミウライズムといったところでしょうか。

装着シャフトはNS 950 neo(S)。
もはや言わずと知れた次世代型NS950のneo。
その特性はストロングロフトアイアンとの相性を考慮された高弾道設計。
ストロングロフトであるPP-9005との相性はもちろんバッチリです!

精悍なルックスからやさしさと飛距離を生み出してくれる三浦アイアンを是非どうぞ!!
詳細はこちら