秩父 弐ッ!

軽量スペックユーザーの方、お待たせ致しました。

本日は軽量系の中でも入荷機会が非常に少ない

『グラファイトデザイン 秩父 弐(ちちぶ・に)』!!!!




今回入荷した硬さSRの基本スペックは

重量42g、トルク7.4、キックポイント先調子。

グラファイトデザイン社の経験と技術を惜しみなく注いだ秩父シリーズ最新作です。

お買い得な中古シャフトをお見逃しなく。

【悲報!】DI ハイモジュラス メーカー完売のお知らせ!!!

2023.12.22発売!数量3.000本限定の『DI HIGH MODULUS(DI ハイモジュラス)』が、今月10日でメーカー完売とのお知らせが!!!!




ちなみにメーカー側は完売ですが、

しばらくの間は全国の各ショップに在庫していると思います

とは言っても、人気の「5S」や「6S」に興味のある方は早めに探した方がよいかもしれません。


【補足情報】

数量3.000本は50g台から70g台まで各フレックスを合計した本数ですが、その内訳は未発表です。

※5Sと6Sは一番多く用意されていたそうです。



■DI ハイモジュラスの性能・特長とは?


あのDIシリーズが『超高弾性カーボン』に!!! 簡単に言えば(スイング中やインパクト時の)シャフトの挙動や変形に強い素材を使用することで、パワー伝導率の高いぶっ飛びシャフトになった!という事です。これはDIユーザーでなくても気になります。DIの良さと言えば「粘りのあるクセのないしなり」や「安定した方向性」ですが、飛距離面に関してはそれほど期待できない弱点がありました(それを補って余りあるほど振りやすさと安定感が評価されているのですが・・・)。それに対し、DIハイモジュラスは『左へのミスに対する強さ』『飛距離性能』に関して、DI以上に期待できるシャフトです。



■振動数の目安



メーカーに尋ねたところ、長さ45.5インチでの目安は

5S・・・約256cpm

6S・・・約259cpm

7S・・・約265cpm

※あくまでも参考値です。



■最後に

一カ月も待たずにメーカー完売とは正直言って驚きました。年末年始の休業期間を含めれば、実質10日間ほどで3.000本が完売したことに。やはりDIシリーズだからこそ全国の各ショップも期待値が高かったのでしょう。入手機会はこれからどうなるかわかりませんが、ご興味のある方はお早めにお問い合わせください

【2011~2020年モデル】初級者もOK!最新にも負けないおすすめ中古アイアン!!!


【推薦条件】

・2011年~2020年度までに発売されたモデル。

・マニアックなモデル、入荷する機会があまりにも少ないモデルは対象外。

・ヘッド形状が特徴的すぎるものは対象外。



■2011年モデル

キャロウェイ 初代レガシーブラック ※2011.9月発売


発売から10年以上経ちましたが、今でも色あせることなく人気なモデルです。もともと生粋のアスリートモデルではなく、中級者や上昇志向ゴルファー向けとして発売された経緯もあり、本格的にゴルフを上手くなりたい!という初級者にも十分におすすめできるアイアンです。とにかく欠点がなく、強いて言えばロフト26度(5番)と立っているわけではないので、最新モデルと比べれば飛距離面で見劣りします。しかし、それを補って余りある打感の良さ、構えやすい顔、ややクラシカルなデザインは所有欲を満たしてくれるでしょう。上手くなるほど良さがわかるアイアンなので、コスパ的にも魅力的。もし見つけたら多少高めでも美品なら検討する価値アリです。2016年の全米オープン覇者ヘンリック・ステンソンが長年愛用するアイアンとしても有名です。




2012年モデル

ダンロップ XXIOフォージド(2012) ※2012.12月発売


XXIOシリーズの軟鉄Ver.として、2006年に初代が発売された『XXIOフォージドシリーズ』。長く親しまれたシリーズでしたが、2017年モデルを最後に約11年の歴史に幕を閉じました(現在はXXIO X-eks-シリーズとして名称を変更して受け継がれています)。初代モデルは「つかまり過ぎる」という声が多くて賛否両論ありましたが、’09モデル(2代目)、’10モデル(3代目)と重ねる毎にバランスが良くなり、この2012年モデル(4代目)で一つの集大成と呼べる完成度になりました。どうしても主力商品『XXIOシリーズ』と比較されがちですが、XXIOのやさしさを軟鉄ヘッドで味わえる!それこそがこのシリーズの醍醐味です。ちなみに初代モデルはロフト26度(5番)でしたが、2代目からは24度(5番)に設定が変更されています。




2013年モデル

ミズノ MP-54 ※2013.10月発売


打感と言えばミズノと言われた時代。ただ使うには難しい、上手い人向けといったイメージを少しずつ払拭していきたいミズノが出した答えが『MP-54』です。後に発売する「MP-55(2015年)」も良いのですが、個人的にはその原型となる『MP-54』を推します。中~上級者が好むヘッド形状や打感を継承しつつ、アンダーカットキャビティ(#4~#7)による深い重心設計。当時展開していたMPシリーズの中では最も大きな慣性モーメントが話題になりました。「打感&安定性&操作性」のバランスに長けたアイアンです。



2014年モデル

タイトリスト AP2 714 ※2013.11月発売


※2013.11月発売ですが、2014年モデル枠としてご紹介いたします。

AP2シリーズの4代目となる『AP2 714』。ソールやバックフェースをそれまでのサテン(つや消し)仕上げからメッキ仕上げに変更。古参ユーザーも納得のデザインで大ヒット商品になりました。当時のジョーダン・スピースやザック・ジョンソンなど、PGAを代表する実力者が愛用したモデルでありながら、一般ゴルファーからも高い支持を集めました。その一方で、USブランドに言われがちな「カタログ値よりもライやロフトがズレていた」という声もあります。 ライロフト調整の工賃は大体数千円で済むので、購入後は一度調べてみたほうが良いかもしれません。初級者にはやや難しく感じるかもしれませんが、この時代のテイストや見た目のカッコよさはとても魅力に感じます。



2015年モデル

タイトリスト CB716 ※2015.11月発売



タイトリストはそれまでのアスリート色が強かったブランドイメージから、テクノロジー(機能性)を取り入れ、新たな顧客層を狙った「AP1/AP2シリーズ」を発売し大成功を収めました。その路線とは別に「MB/CBシリーズ」は伝統的なルックスや打感を重視する古参ユーザー向けとして販売されていました。しかし『CB716』はトゥ&ヒール側にタングステンを内蔵した設計となり、CBシリーズ初の複合型軟鉄アイアンが誕生。これにはメーカー側も相当悩んだ決断だったらしく、シンプルさが特徴のCBシリーズにとって邪道になってしまうのではないか!?そんな不安があったかもしれません。他社が次々に機能性を追求したアイアンを発表する中、CBシリーズの進化の為に今までの当たり前を崩したターニングポイントと言えるのが『CB716』です。結果的には打感を損なわず、打ちやすさや安定性が増し、前作CB714の「やや難しい」と言われたイメージを完全に払拭したモデルになりました。しかし今見てもこのデザインは秀逸ですね。



2016年モデル

ミズノ MP-66 ※2016.9月発売

HONMA TW737V ※2016.10月発売


2016年は迷いに迷って2モデルを御紹介します。

まずはMP-66。MPシリーズが50/60番台に名称が変わってから一番に推す声が多い『MP-66』。そもそも50番台はキャビティ系、60番台はブレード系とおおまかな区別がありました(数字の1桁は0~9までのレベルを表し、数字が大きいほどレベルが高くなります)。しかしラインナップが増えるほどその区別が当てはまらないこともありました。MP-66はブレード系の名称ながらハーフキャビティ且つ低重心設計。ヘッドサイズも小さすぎず、芯も広い。ミズノらしい曲線美のデザインと相まって、MP50/60シリーズ後期型として完成度が高いモデルです。

さらにTW-737V。前年のヒット作「TW-727シリーズ」から一年後に発売されたこれまた大ヒットモデルです。TW727~737シリーズが発売された頃は本間ゴルフの契約プロが一気に増員され、小田孔明プロ、高山忠洋プロ、谷原秀人プロ、岩田寛プロ、藤本佳則プロ、イ・ボミプロ、キム・ハヌルプロ、森田遥プロ、永井花奈プロ、木戸愛プロ、笠りつ子プロ、福田真未プロ等々、錚々たる顔ぶれでメーカーの本気度を感じさせました。TW727シリーズがプロ/アスリート好みに設計されたモデルとすれば、TW737シリーズは全体的にやさしさを加えて一般ユーザー向けに打ちやすくしたモデルです。ヘッドはVn/V/Vs/Pと4種類ありましたが、とくにVとPはおすすめです。



2017年モデル

キャロウェイ EPIC STAR ※2017.9月発売



当時のCW契約プロ達がこぞって使っていたEPICシリーズですが、アイアンだけは例外。しかしその性能はまさに異端児。キャッチコピーは“キャロウェイの革新がもたらす禁断の飛び”です。ロフト設計が♯5(20.5°)、♯7(26.0°)、Pw(39.0°)と、大手ブランドの中でも頭一つ抜け出した超ストロングロフトは当時はとても話題になりました。やや幅広のソールとグースのある顔に好みが分かれますが、それほどヘッドサイズが大きくないのは好印象。飛び系アイアンに興味がある方は覚えて損はないモデルです。ただし1本定価¥32.000+税という高単価だったため、買いたくても手が出なかったゴルファーが続出。現在の相場が下がっていますが品数自体は少ないため、見つけた時は早めの御検討を。



2018年モデル

EPON AF-505 ※2018.6月発売



地クラブを代表するEPON(遠藤製作所)が誇る名器と言えば『AF-505』。それまでのAF-501~503までのシンプルなデザインから、トゥ&ヒールにタングステンを内蔵したモデルへと変貌。さらにポケットキャビティでありながらフェースやボディへの溶接痕がない一体鍛造設計。同シリーズはそれまで飛距離性能を重視するバネ鋼フェースを採用していましたが、打感が硬いという声もありました。AF-505はS20C(軟鉄)の一体鍛造フェースになり打感が大きく向上。AFシリーズの中でも大ヒット作になりました。現在も大きな値崩れをしていない点からも、その完成度の高さを物語っています。



2019年モデル

テーラーメイド P790(2019) ※2019.9月発売



2017年の“中空アイアンブーム”を作り出した初代P790アイアンから約2年、さらに完成度を高めたモデルが『P790(2019)』です。初代よりもやや精悍さが増してシャープな顔つきになりました。ヘッド内部(♯3~♯7)のタングステンも12g→14gに変更されてより低重心に。ライ角(♯5)も61.5度→61度に変更され、より構えやすくなりました。バックフェースのメーカーロゴも「Taylormade」から頭文字の「T」へとスッキリしたデザインに変更されています。そのほかにもクロモリ鋼の厚みがさらに薄くなったり等々、前作からあらゆる面をブラッシュアップ(より良く)したモデルです。


2020年モデル

スリクソン ZX-5 ※2020.10月発売



2019~2021年頃と言えば、各メーカーがしのぎを削り、とても良作モデルが多かった時期。女子プロの使用率が高かった「スリクソン ZX-5」「PING i210」「ブリヂストン 201CB」「キャロウェイ X-フォージドスター(2021)」は中古市場で大人気でした。とくにZX-5は前作Z585からデザインを一新させ、新たな客層を増やして大ヒット!これまでダンロップ製品と言えば一般・シニア向けの「XXIOシリーズ」、そして中級者以上向けの「スリクソンシリーズ」と大別されていましたが、時代のニーズと共にスリクソンは進化し続けています。「飛距離」「打感」「やさしさ」「見た目」といった一般ユーザーの理想を追求し、現行人気No.1『ZX-5 MkⅡ』の基盤になったモデルとして外せないアイアンです。





■最後に

今回は一部の商品を除き、なるべく『軟鉄鍛造モデル』で選びました。

とくにライ角は軽んずべからずです!

ゴルフ初級者であればあるほど、後々も調整しやすい軟鉄アイアンはおすすめです。ぜひお試しください。

今でしたら在庫ありますよッ!!

 

本日のブログは、グリップで御座いますm(_)m

 

ゴルフエフォートでは大人気の PALMAX GRIP  です♪♪♪

 

昨年は、 欠品中‥(>_<) 納期3ヶ月待ち‥ (>_<)  

 

カラーが偏っていたり無かったりで、お客様にはご迷惑お掛けしていましたが

 

今でしたら、在庫ありますよッ(^〇^)/

 

 

注文していた分が、ドサっと入ってきましたので

 

バックライン有りでしたら、まずまず数は揃っています!!

 

☆ ホワイト ☆

 

 

★ スカイブルー ★

 

 

★ ライムグリーン ★

 

 

☆ ゴールド ☆

 

 

★ ブラック ★

 

 

☆ ネオンオレンジ ☆

 

 

1本1本手作業で、丁寧に作られましたラバーグリップ

 

しっとりとした握り心地に高いグリップ力がご好評

 

ツアープロも多数使用中です!!

 

バックライン無しも、ホワイト・ゴールド・ブラックでしたら

 

まずまず在庫御座います♪♪♪

 

寒くなるとグリップが硬くなってしまい、握り心地に影響してしまいます(>_<)

 

交換をお考えでしたら、ぜひ PALMAX GRIP お使いください!!

 

オススメですよ(^〇^)/

 

在庫が無くなってしまうと、また数ヶ月待ちの可能性大ありです!!

 

お早めに!!

 

ご注文・お問い合わせはこちらから

 

 

このシャフト、ご存知ですか?

早速参りましょう、今回のご紹介は!!
まずはこのシャフトをご覧下さい!!

GRAPHITE DESIGN Tour AD DI-6(S)!
…なのですが。何やらカラーリングに見覚えが無いような…?

その正体がこちら!!
こちらは昨年末に3,000本限定で発売されたDIの超高弾性バージョン、DI HIGH MODULUS RELOADEDです!!

ツアーADの中でもPTに次ぐロングセラーモデルであるDIを、超高弾性素材で作ったシャフト。
これによりDeep Impact(略してDI!)と名付けられた分厚い当たりを実現する粘りと先端強度はそのままに、より強靭なシャフトに進化。
低スピンでねじれの少ないショットを実現してくれます。

ちなみにカラーリングですが、黒を基調にオレンジの彩色が施されたかなりシックなルックスになりました。
一方で…

シャフト中間部から先端にかけてうっすらオレンジにグラデーションしたオシャレ感もあるコスメに。
より攻撃的でありながら落ち着きのある雰囲気に生まれ変わりました。

既に一部スペックはメーカー完売にもなっていたりとやはりDI人気を強く感じさせるこのシャフトを、花小金井店では
5(X)
6(S)
6(X)
6(TX)
をご用意しました!

また、こちらのシャフトはGOLF EFFORT各店でも購入頂けます。
上記の通り、一部スペックは早くもメーカー完売となっておりますがご希望のスペックがございましたらお近くのGOLF EFFORTへお問い合わせ下さいませ。

超高弾性素材で新たなテイストに仕上がったDI HIGH MODULUS RELOADEDを是非どうぞ!!
花小金井店へのアクセス・お問い合わせはこちらからどうぞ。

ダイナミックゴールドから「モーダス」「NS」「カーボン」???

『ダイナミックゴールドから替えてみたくて。少し軽くしてみようと思うんだけどモーダス120とか、モーダス105はどうかな?』

このような御相談を受けました。


ダイナミックゴールド(以下:DG)と言えば、1980年頃から発売されている重量級の超ロングセラー商品。

それだけに昔からよく質問される内容です。



これまで接客してきた経験を元に、

よく候補に挙げられやすい「モーダス120」「モーダス105」を評価していきます。

※あくまで私的な意見も含まれますので御容赦ください。



■MODUS120の場合




硬さS:重量114.0g/トルク1.7/キックポイント中元調子 


重量114.0gは中量級として申し分ないスペック。

しかし、中量級としての硬さレベルは“軟らかめな部類”と言えるでしょう。

重さのわりに硬くない。それがMODUS120が人気の理由です。

元DGユーザーがMODUS120に移行した場合、

『引っ掛けやすくなった』『つかまりやすくなった』という意見が多く、

スペックを楽にしたいと思っていても、スイングが昔のままでは当然の結果です。


振動数でDGとMODUS120を比べた場合、およそ20cpm前後の差がある事もあり、

個人的にMODUS120は重量級からよりも、軽量級から移行する人のほうがハマりやすいシャフトだと思います。



MODUS105の場合




硬さS:重量106.5g/トルク1.7/キックポイント元調子 


中~軽量級シャフトとして有名なMODUS105。

重量級と比べても遜色ないシャフトの硬さ。

実際の振動数ではDGに及ばないものの、

さらに中~軽量級では断トツの“低スピン設計”。

弾道は「MODUS115」や「MODUS125」と変わらないと思ったほうが良いかもです。


元DGユーザーがMODUS105に移行した場合、

硬さはほぼ変わらない(むしろ軽い分、硬く感じやすい可能性もある)為、



そして個人的にオススメのシャフト・・・

AMT TOUR WHITE

→メーカーHPはこちら


重量は105g~129g(#2-Pw)。

DGと同じ元調子。振り感を変えずにミドル~ロングアイアンを打ちやすくしてくれます。


例えばDG装着の#5アイアン。

(ヘッド重量にもよりますが)重量は423g~430gくらいになると思います。

しかしAMT TOUR WHITE装着ならば約413g~420gくらいの目安。


DGユーザーが抱える問題「後半に疲れてくる、振れなくなってくる」という悩み。

AMT TOUR WHITEはDGの特徴である「粘りのあるしなり」を継承しつつ、重さからくる蓄積ダメージを軽減できます。

そもそも慣れ親しんだシャフト重量から軽くすれば

球質が弱くなった(軽くなった)、スイングが安定しなくなった等の新たな問題が生じる場合があります。



DGユーザーが求める振りやすさは、

そんな感じの方が多い気がします。

そういう時は『AMT TOUR WHITE』をぜひお試しください。