再入荷!売れてます!!

 

パター用グリップ JOPブランドの新商品 “No.6-0°

このグリップの左側面には大きくこのプリントが・・・

JOP  &  3.7.3  PRODUCT

 

 

ツアープロコーチ 南 秀樹 氏 監修のグリップ

3.7.3 ミナミ」という事です(^m^ )

このグリップの大きな特徴は、長さと重さです。

全長340mm  × 幅23mm  × 縦30mm   150g±8g と驚異の重さw(°0°)w

参考までにODYSSEY純正の “SUPERSTROKE  PISTOL GT  TOUR” との比較は、

 

 

全長が65mm長く・・・

重さは、“SUPERSTROKE  PISTOL GT  TOUR”が48gに対し

 

 

JOP  No.6-0°”が、152gと約100gの差

 

 

形状の感じは・・・

 

 

エンド側はこんな感じで・・・

シャフト挿しこみ口は・・・

 

 

実際に装着した感じは・・・

O-WORKS  BLACK  #7S  34.0inch に装着

 

 

 

では、実際にアドレスをしてみると・・・

 

 

このグリップの「長い」ことのメリットは

エンド側をキッチリ握ることは当然のこと

やや短く中間部を持つことにより、ショートパットの

インパクトの緩み防止にも有効に作用します!

 

 

さらに太さがほぼ均一なので、クロスハンドも握りやすく・・・

 

 

さらには!!スプリットハンドもすんなり握れます(v^ー°)

 

 

グリップの重さが全体に配分されているので

どの位置で握っても、手元がフラフラしないんです!

だ・か・ら・ストロークが安定するんです\(^ ^)/

ツアープロコーチ 南 秀樹 氏が、ティーチングしている選手は

LPGA  吉田 由美子プロ  成田 美寿々プロ

最近の試合で吉田 由美子プロが優勝した際に使用していた

パターにはもちろん!JOP  “No.6-0°

パチンッと打つの直したい」、「手首をこねない様にしたい

順回転のボールを打ちたい」、「ショートする癖を直したい」・・・

これからの季節、パッテイングが難しくなりますよね(TωT)

ツアープロコーチ 南 秀樹 氏が推奨するグリップを

是非!お試しください(*^ワ^*)

お問い合わせはこちらから

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

エフォートチャンネル【Tour AD】

エフォートチャンネル【Tour AD】

マイスター荒井がお届けするエフォートチャンネル!!

 

グラファイトデザイン Tour AD IZ(Into the Zone)

 

 

 

今回はメーカー広報の鈴木氏とのラウンド後に、ニューシャフトの特性を聞きました!

弾きの強さと先端の剛性を充分に感じる”飛び系”シャフト!是非お試しください♪

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

 

 

再々入荷!売れ始めていますw(°0°)w

先日ブログにてご紹介しました・・・

METAL  FACTORY  メタルファクトリー “A9  DW” 。

入荷分が売れてしまい、すぐに再オーダーを行い

本日、在庫がバッチリ揃いましたよ(v^ー°)

問い合わせが日に日に多くなり嬉しい限りです\(^ ^)/

今日は、客注分の組立をちょっとご紹介!

 

 

ヘッドカラーは、クリアブラック。

ロフトは9.5度表記で、リアルロフト9.0度のヘッド。

 

 

組立前に重さのチェック・・・

 

 

 

 

装着シャフトは当店人気の

シンカグラファイト “LOOP  prototype  GK  (X)

こちらのお客様は、以前にも同じ “GK” の “SX” フレックスで

1本作らせていただいています。お気に入りのシャフトなんです(*^ワ^*)

 

 

早速、接着を行い(接着剤は必要最低限の量で・・・)

1時間程の作業で無事に完成(v^ー°)

 

 

完成後、スペックチェックを行い仕上がりデータを

シャフトの手元側に貼り付けます。

 

 

SPEC  :  45.25inch 317g  /  D2.5  /  272cpm

良い感じの仕上がりになりましたね(*^ワ^*)

本日、夕方のお引渡しが楽しみですね・・・

きっと、喜んでいただける仕上がりになりました(v^ー°)

 

 

まだまだ、在庫は確保していますよ!

基本、即日組立&即日お引渡しをさせていただいています!

現在、お使いのドライバーのシャフトを再利用して

ヘッドだけの交換もお受けできます。

お気軽にお問い合わせください☆^▽^☆

お問い合わせはこちら  

前回ブログはこちら

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

 

“Golf Pride FAIR”11/3-19

バックラインが目視出来る!画期的デザインで話題の”MCC ALIGN(アライン)”

 

 

今年のPGA SHOWでデビュー以来、やっと日本でも発売になりました♪

 

 

 

 

ニューモデル”ALIGN”の発売を記念してエフォート独自のFAIR

 

 

“Golf Pride FAIR”を11月3日から19日まで開催します♪♪

 

 

 

 

MCC(マルチコンパウンド)をベースに

 

 

アライン・テクノロジーを搭載したニューグリップ

 

 

 

 

ゴルフプライドさんのタイアップ広告でテストさせて頂きましたが

 

 

人差し指から小指の第二関節にピッタリ寄り添うフィット感がサイコーでした!

 

 

 

 

ポップなネオンカラーが人気の秘訣”Niion(ニオン)”

 

 

 

 

非常にソフトなフィーリングの”CP2 Series”

 

 

トレッドの違う”PRO”と”WRAP”はお好みで♪

 

 

 

 

”ゴルフプライドの顔”とも言える”MCC Series(マルチ・コンパウンド)”

 

 

メーカー標準装着も多くなってきた代表格♪

 

 

 

 

ツアー使用率No.1のゴルフプライドグリップ

 

 

“Golf Pride FAIR”期間中は”ALIGN”だけではなく

 

 

在庫しているゴルフプライド全モデル対象に

 

 

“5+1キャンペーン”を実施!

 

 

5本ご購入で1本サービスなので。。。

10本なら2本!15本なら3本!!サービスしちゃいます♪

 

 

この機会に是非、ニューグリップ”ALIGN”をお試しください!!

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

 

“TOUR SNSR”がイイぞ!

先に行われたプレジデンツカップはアメリカチームの圧勝でしたが。。。

 

 

我らが”HIDEKI MATSUYAMA”は最終日のシングルスで、

 

 

天敵トーマスを3&1で撃破してくれました!!

 

 

テレビ観戦で気になったのは選手のパターグリップ。。。

 

 

SuperStrokeが多い中で。。。

 

 

GolfPrideのアレを入れている選手がチラホラ!!

 

 

 

 

“TOUR SNSR”(ツアーセンサー)

 

 

新開発の”SNSR RUBBER”が今までにないフィーリングを実現

 

 

インパクトをダイレクトに手元で感じ取れる全く新しいグリップ

 

 

 

 

ピストルタイプの”CONTOUR”は124g

 

“STRAIGHT”は90g

 

 

 

 

エンドキャップでその違いが分かると思います。

 

 

 

 

このフィーリングを是非お試しください。

 

今までにない”タッチ”が手に入るかもしれません。。。

 

 

 

 

お問い合わせはコチラ

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

 

SPEEDER EVOLUTIONの選び方(その弐)

 

シャフトの違いで大きな差が出る”と言われるこの時代。

 

しかし、多くの情報は「素材」や「製法」または「剛性分布図」等を公表しつつも、

一般ゴルファーが理解するには難しい情報だらけです。

 

大多数の一般ゴルファーが知りたい答えは、

どういった特徴でその結果自分に合うのか?」ではないでしょうか。

 

その答えに近づけるよう

出来るだけメーカーカタログにはない視点を大事に

今回も御紹介させて頂きます。

(→前回のおさらいはコチラから)

 

 

ではシリーズ3作目、

SPEEDER EVOLUTIONⅢ(通称:エボⅢ)】

 

 

【シャフトスペック】661(S)の場合

キックポイント:先中調子

シャフト重量:66.5g

トルク:3.8

 

3代目は「走り重視」!

青エボと相性が良いゴルファーにオススメできる特性ですが、

その違いは『しなり戻りのテイスト』。

 

スイング中の動きは少なめ、インパクト近くで弾く「青エボ」に対し、

全体的にスイング中のしなり戻りを味わえるのが『エボⅢ』の特徴。

 

〝しなり感”を重視ながらも、独自の技術(MCT、90tカーボンシート等)で過敏な動きを抑制

安定性のある新時代の走り系”に仕上がりました。

 

主にアマチュアゴルファー向け。

ややしなりを感じる分、平均的な硬さも〝普通~やや軟らかめ″な設定。

俗に言う〝シャフトに仕事をさせるタイプ″です。

 

 

 

 

そして最新のシリーズ4作目、

SPEEDER EVOLUTIONⅣ(通称:エボⅣ)】

 

 

【シャフトスペック】661(S)の場合

キックポイント:中調子

シャフト重量:67.5g

トルク:3.7

 

4代目は「叩けるエボリューション」!

シリーズの〝スイングタイプ”を踏まえた設計になりました。

叩きにいける設計に合わせ、スイング負けしないように〝硬めなテイスト”な仕上がり。

その分、数値以上の硬さを感じ取れる事には注意が必要です。

 

しなりの癖が無く、

グリップからヘッド先端まで〝1本芯が通っている”ような振り心地。

手元付近の軟らかさは少ないイメージです。

一定のスイング、タイミングを得たいゴルファーには、まさに理想的な設計。

 

この持ち味を是非おすすめしたいゴルファーが、

現状よりもシャフト重量を下げたい』と考えている方。

 

《スペックを下げる際に生じやすい問題を改善》

・シャフトが軟らかすぎた→しっかりシャフトがついてくる!

・安定しない→高弾性90tシートを採用。安定したテンポ、弾道を得られやすい!

・球が軽くなった→他の同重量帯モデルよりも、球質は平均的に強め。

 

例えば『EVOⅣ 569』。

普通の50g台にしては〝硬さが強め”ですが、

今まで60g台を使っていた方なら十分使える硬さ。

既存の50g台モデルにはないテイストを味わう事が出来ます。

 

 

 

~番外編~

【SPEEDER EVOLUTION TOURSPEC(通称:黒スピーダー)】

 

 

【シャフトスペック】661(S)の場合

キックポイント:中元調子

シャフト重量:67.0g

トルク:4.2

 

発売順では『青エボ』の後、『エボⅡ』の前。

EVOLUTIONというネーミングなのに「Ⅱ」ではなかったのは何故でしょうか?

 

 

前回の既述で

『EVOLUTIONシリーズは、全て〝飛距離重視の弾き系”である!』と書きましたが、

このモデルだけちょっと違います。

 

D.ジョンソンを筆頭に、USPGAツアーで高い使用率を誇る『TSツアースペック)』。

元々USからブレイクしたモデルという点、

そしてシリーズ唯一の〝粘り重視”というテイストがその理由ではないでしょうか(※憶測です)

 

主にハードスペックを好むゴルファー仕様になっており、

シャフトに仕事させるよりも〝自分のスイングを重視するゴルファー向け″と言えます。

三菱ケミカルの「青マナ」「白マナ」などにも通じるようなイメージです。

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

読んでて面白いような文章を意識し、

一人でも多くの方が「シャフト」に対し、興味をもって頂けたら幸いです。

 

最後に、

このような長文を最後まで読んで頂き、本当に有難うございました。

 

 

【過去のシャフト紹介ブログ】

MODUSシリーズその①その②

ATTASシリーズはコチラ

 

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

SPEEDER EVOLUTIONの選び方

 

秋冬シーズンは新作シャフトも出揃って、

お客様からリシャフト注文も多くなってくる季節です。

 

そこで今回は

Fujikuraの超有名シリーズ『スピーダーエボリューション』を御紹介!!!

 

皆さん、

代表的な4作の違いを御存知でしょうか?

 

今回も私の個人的な意見や、

実際にお客様から頂いたご感想の蓄積を基にまとめていきたいと思います。

 

 

まずは記念すべき1作目

SPEEDER EVOLUTION(通称:青エボ)】

 

【シャフトスペック】661(S)の場合

キックポイント:先中調子

シャフト重量:66.0g

トルク:3.7

 

 

まず知っておきたいのは、

『EVOLUTIONシリーズは、全て飛距離重視の弾き系”である!』という事。

 

これは後述のモデルにも共通するワードです。

 

 

多くの女子プロに支持された実績から、現在でも根強い人気を誇る『青エボ』。

インパクトゾーンで強く弾くシャフトの動きは球の掴まりを生み、

多くのアマチュアゴルファーが悩む〝スライス″にも相性が良いのも高評価。

掴まりが抑えめなヘッド(フェースの弾きが強く、球離れが早いヘッド等)ともマッチしやすい点から、

地クラブヘッドに装着される事もしばしば。

 

最軽量474から重量級の757まで、どの重量帯でも万遍なく性能を活かしやすいシャフトです。

 

 

 

 

そして2作目、

SPEEDER EVOLUTIONⅡ(通称:エボⅡ)】

 

【シャフトスペック】661(S)の場合

キックポイント:中調子

シャフト重量:69.0g

トルク:3.8

 

2代目の特徴はズバリ「安定感」!

青エボではどうしてもボールが散らばるゴルファーに最適な『安定性重視』の性能がポイント。

癖の少ない中調子。

スピン量をやや抑え、曲がりの少ない弾道で攻める。

やや硬めなテイストが持ち味です。

 

そこでクラブに詳しい方ならふと考えてしまう

『安定性を重視すると、飛距離性能が落ちるのでは?』という疑問です。

 

先述にも書きましたが、

『EVOLUTIONシリーズは、全て〝飛距離重視の弾き系”である!』という事を思い出して下さい。

 

EVOⅡは「青エボではスイングを活かせないゴルファー向け」。

EVOLUTIONシリーズの特性(弾き・飛距離)を失う事無く、

新たな分野のゴルファーに適合させたシャフトなのです。

 

 

 

今回はここまで。

次回はEVOⅢ、最新EVOⅣを御紹介!

お楽しみに~♪

 

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

店頭人気No.1はエヴォヴォ・・・

いや~!

本当に寒くなってきましたね~!

 

この時期に是非お試しして頂きたいのが

【Fujikura SPD EVOLUTION- 569S)】!!

 

 

最近の一番人気です。

 

なにが良いって、

50g台シャフトらしからぬ、球の強さ!!!』という点。

まさに〝叩けるエボリューション”という性能に偽り無し!

 

通常、

「振りやすさ」「掴まりやすさ」が重視される軽量シャフト業界において、

他には無い〝強い球”を打っていけるシャフトです。

 

だから『軽くても曲がりにくい』。

 

普段、60g台を使用している方!

「少し軽めの振ってみたい」と思ってしまった

まさにその時!!!!

 

【Fujikura SPD EVOLUTION-Ⅳ 569S)】

 

この名前を思い出してください。

 

 

リシャフト注文、その他のお問合せはコチラ

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

シリーズ最強!

徹底した飛距離へのこだわり」・・・

METAL  FACTORY  メタルファクトリーブランドのコンセプト!

限界の中で限界を超える!METAL FACTORYは通常240μs以下と言われるCT値を非常識と呼ばれる250μsに設定。

全てのクラブヘッドをR&A公認CT値測定器を用いて測定。設定値を満たすヘッドのみを厳選し出荷。

ルール適合でありながら最大限のパフォーマンスを発揮する「高性能ヘッド」。

 

 

A9 DW”  精密4ピース鍛造ヘッド。新型カップフェースを採用。

偏肉フェース構造により、広範囲のスィートエリアを実現。

450ccサイズでありながら、つかまりも良いです(⌒_⌒)

 

 

 

ヘッドカラーは2色。

コスモブラック・・・

 

 

 

スカイブルー・・・

 

 

 

 

付属品には、専用ヘッドカバーと専用クロス。

 

 

 

ヘッド単体価格 

・コスモブラック お問い合わせください ヘッドカバー&専用クロス付属。

・スカイブルー   お問い合わせください ヘッドカバー&専用クロス付属。

・シャフト挿し工賃 1,500円(税別)/グリップ別途。

基本、その日その場で組立を行います。(預かりになる場合もあります)

 

ゴルフエフォート相模原店では、METAL  FACTORY ブランドの歴代モデルを

多数取り扱ってきました。だからこそ、この A9 DW”  の良さがわかります!

大手ブランドとは違う、シンプルなデザイン。

広告宣伝費を掛けずに、品質&飛距離性能だけに費用投資するブランド。

METAL  FACTORY  A9 DW” 。是非!お勧めします(v^ー°)

お問い合わせはこちらから TEL  /  MAIL

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

 

あれれ!? ATTASの評価がウナギ上り!?

 

今年の日本オープンは

池田勇太プロの3年振り、同大会2度目の優勝で幕を閉じました。

 

その最終日の注目されたアマチュアの金谷拓実選手(東北福祉大1年)。

最後は1打差ですよ!惜しかった~!!

 

彼のセッティングは以前からPINGを使用。

 

日本オープンでは画像で判断する限り、

今話題の『G400ドライバー』に『ATTAS PUNCH』を装着。

以前のセッティングと変更がなければ、『PUNCH 7(X)』あたりを使っているのではないでしょうか(※推測です)。

 

 

 

ここ最近は

なにかと『ATTAS(アッタス)』が話題になる事が多く、

先日も松山英樹プロが『ATTAS COOOL 8(TX)』を使用した事でも世間を驚かせましたね。

 

 

そこで今回は、

皆様が興味を持たれているであろう『マミヤOP ATTASシリーズ(全9種)』。

その中でも【COOOL(クール)】、【PUNCH(パンチ)】、【G7(ジ―・セブン)】の最新3モデルについて。

簡単な御紹介をさせていただきます。

拙筆ではありますが、少しでもご参考になれば幸いです。

 

 

【ATTAS COOOL

 

特徴は『走り感』と『飛距離性能』。

その2つの性能は歴代No.1と言われています。

走り重視な特性から、平均的な硬さ具合は"普通~やや軟らかめ”な部類。

多くのアマチュアには振りやすい硬さと呼べます。

 

しかし、走り系にありがちな挙動やバラつきを同社の最新テクノロジーが解消。

初速UP、つかまり、キャリー&ランをダブルUPさせるシャフトです。

 

 

 

【ATTAS PUNCH

 

このシャフトを語る上で欠かせないのが、アッタス三代目『ATTAS³(参上)』。

左に行きにくい、叩けるといったテイストが、安定性を求めるハードヒッターを中心に広がり、

歴代アッタスの中では最も支持者が多かったシャフトです。

 

〝硬めのシャフト”としては高評価された一方で、

その反面〝ヘッドスピードが少ないゴルファー”には活かしきれない面もありました。

 

『ATTAS PUNCH』は、

先述の「ATTAS³(参上)」の特性を、平均的なゴルファー仕様にしたようなイメージ!!!

力強い球安定性の高い弾道でフェアウェイを狙っていく。

平均的な硬さ具合は"普通~やや硬め”な部類ですが、

なぜでしょう?とても振りやすい。タイミングがとりやすいのです。

 

 

【ATTAS G7

 

7代目のネーミングは銀座7丁目(同社の営業所の住所)。

歴代で最もバランスのとれた性能が『G7』。

 

その特徴は、

硬めに感じやすい弾き系ながらも、平均的な硬さ具合は"普通”な部類。

最近の可変式ヘッドを想定した設計になっており、

理想的な振り抜きの良さを追求したシャフトになっています。

 

 

 

以上、いかがでしたか。

 

毎度の事ですが、

シャフト評価に関しては人それぞれの感覚の違いがあり、

どうしても表現が難しいと痛感しています。

この拙筆な文章で、皆様に少しでもイメージを掴んでもらえたら嬉しい限りです。

 

また別のシャフトについての御相談等でも構いません。

お気軽に最寄りの店舗スタッフ、もしくはメールにてお問合せくださいませ。

 

この度は最後まで御購読下さり、誠に有難うございました。

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

さっそく装着するべし!!!

 

今回ご紹介する商品はコチラ!

U-シャフトSPEEDER EVOLUTIONⅣ 661(S)!!

 

 

ひぃ~!!!

とうとう入ってきました待望の中古シャフト!

今回は【TaylorMade用FCT】装着です。

 

しかし!

気になるのはヘッド装着時の長さですよね?

 

 

それでは試しに・・・

M2(2017)オリジナルカーボンとの比較

 

 

オリジナルカーボンでは45.75インチ設定。

挿しこみ口から比べると実際はこのくらいの差。

 

という事は!

グリップ装着すれば、0.25インチ弱の差で済みそうですね。

 

 

専用レンチさえあれば

あっという間にEVOⅣが打てますよ♪

 

 

詳細はコチラ

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/

待望の【ALIGN(アライン)】登場!!!

 

今回ご紹介する商品はコチラ!

GOLF PRIDE 【MCC PLUS4 ALIGNSTANDARD)】!!

 

 

今年のゴルフフェアでも、ひと際目立っていた【ALIGN(アライン)】!!!

その中でPLUS4やや太目)シリーズのスタンダードサイズのみ

ようやく発売になりました!!!

 

 

何と言ってもその特徴は

赤いバックラインのALIGNテクノロジー!!!

 

 

マイクロダイアモンド・テクスチャーと称される、

菱形にカットされた硬めの溝。

 

これが盛り上がった線のようになっている為、

それがとても指関節にジャストフィットするのです!!!

 

「これは握りやすい~♪」

 

 

店頭では、クラブ装着の見本がございます

 

この秋のNEW MODEL!

是非グリップ交換してみてはいかがでしょう!!

 

 

お問い合わせはコチラ

 

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/