やさしく飛ばせる アイアンなら こちらがおすすめ!!

 

 

 

 

EPON: AF-707アイアン

 

 

 

昨年8月に 発売開始された 「ストロングロフトポケットキャビティーアイアン」

 

 

7番アイアンのロフトが29°と立ち気味ですが 低重心化と独自のポケットキャビティー構造で

高い打ち出し角を実現しています。

 

 

 

 

7I~PWは フェースには 反発性能の高い「ばね鋼」を使用し、

AWには 軟鉄鍛造を使用。

 

 

 

全番手フェースレーザーミーリングを施し

ウェットな状態でも ドライ時と ほぼ同等のスピン量を発揮します。

 

 

 

装着シャフトは

Steelfiber i110cw(S)で スパイン調整をしています。

 

 

 

 

グリップは バット系の大きい

エリートグリップ:MX-55を装着

 

 

 

ソケットは スターシリーズ!!

 

 

 

ライ&ロフト調整済みのクラブの為 ソール&ネックに固定痕ありますが、

使用頻度は少なく かなり状態の良い中古クラブと言えます。

 

 

詳細はこちら

 

大人気! トゥーロン サンディエゴ入荷

またまた、オデッセイの人気シリーズ

トゥーロンからサンディエゴが入荷しました。

前回紹介したラスベガスモデルも即日に売れてしまいました。

今回のモデルは使いやすいピンタイプで

素材は303ステンレススチールの削り出し

ソリッドな手応えの打球感と高めの打球音を生み出し

ボールスピードも若干早めで、

心地良い順回転でカップへと向かって行きます。

フェースはトゥーロンシリーズお馴染みのダイヤモンドミルフェース

中古ですが、全体的にとても良い状態です。

ぜひこの機会にいかがでしょうか(^^♪

詳細はちらから

 

過去一の呼び声も!!

今回世田谷店からご紹介しますのは、、、、、
3代目にして過去一番の傑作の呼び声も高いドライバーです!!

それがこちら!!
DUNLOP XXIO Xドライバーです!!

ゼクシオシリーズの上級者モデルにあたるXXIO X(ゼクシオ エックス)。
その3代目は国内の大手メーカー製のドライバーの中でもかなりの人気と注目度となっており、実際に打たれた方からの評判も上々。
特筆すべきはXXIOと聞いただけで”食わず嫌い”をしてしまう方すらも魅了しているその実力と完成度。
まさに最初に触れました通り、過去一番の出来の良さと評価を上げているドライバーです。

そんなドライバーの中古となれば…やはりこのブログに登壇という事になります♪

加えてスリーブ付きのヘッドですのでフェースアングルやロフトの微調整も可能。
ゼクシオの中でも構えやすいエックスに微調整が加えてよりお好みの顔に仕上げる事も出来ます。

装着シャフトはFujikura SPEEDER NX BLACK 50(S)。
シャフトの部位ごとにトルクが異なるVTC(VARIABLE TORQUE CORE:直訳して可変トルクコア)テクノロジーを採用する事で、キックポイントに加えてトルクでもしなり感を細かく調整されているNXシリーズ。
その第三弾モデルであるNX BLACKは先中調子でありながらシャフト中間部から先端にかけてのトルクを絞った事で安定感のある先中調子という新機軸。
その性能の高さは…その人気ぶりが物語っております。

このクラブは特に「XXIOと聞いて食わず嫌い」となる方にこそ試して頂きたいです。
好評のPARADYM Ai SMOKEシリーズやQi10シリーズにも埋もれずに話題性を発揮している秀逸なドライバーを是非どうぞ!!
詳細はこちら

在庫薄!人気のアイアン!

前回入荷も「即売」してしまった根強い人気アイアン

SRIXON Z585

やや大きめのヘッドサイズですが

人気絶大の現行ZX-5 MK2と同様の三角ソールで

ヘッドの抜けもバツグン!!

軟鉄鍛造ヘッドで打感もGood

ポケットキャビティでスイートエリアも広い易しいアイアンです!!

シャフトはMODUS3 105(S)のリシャフト品

コンディションも写真の通り、キレイ目のCランク(^-^)

人気商品ですのでお早めに!!

 

詳細はこちら

 

 

人気モデルに…!!

今回世田谷店からご紹介しますのは、、、、、
USの地クラブ的存在でもありトッププロからの信頼も厚いあのブランドのアイアンです!!

それがこちら!!
ARTISAN LS720CB SATIN FINISHです!!

元ナイキゴルフの凄腕研磨師であるマイク・テーラー氏がナイキゴルフ解散後に興したアーティザンゴルフ。
そのこだわりぶりはすさまじく、一説にはファーストプロダクトであるウェッジも作っては修正の繰り返しで一部スペックは発売が遅れたとも言われております。

そんなマイク・テーラー氏がデザインしたアイアンがLS720アイアン。
その中でも最もやさしいCBを今回世田谷店で組み立てました!

チョイスしましたシャフトはこちら!!

TRUE TEMPER Dynamic Gold MID115 S200です!!

昨今のロースピン化が進むボールやアイアンヘッドに対応した高い打ち出しとスピン量を実現。
加えて重量もオリジナルのダイナミックゴールドより15g程軽量化。
「やや軽くてボールが上がりやすくスピン量も多め」という昨今のスチールシャフトのトレンドをしっかり押さえた作りになっております。

こだわりのヘッドに上がりやすさとスピン量を高めるシャフトの組み合わせとなっております。
その出来の良さを是非武器にしちゃってください!!
詳細はこちら

最新モデルをロフト違いで!!

今回世田谷店からご紹介致しますのは、、、
今月アタマに発売されたばかりの話題のドライバー2本、それもコンディション良好な出物です!!

それがこちら!!
TaylorMade Qi10ドライバー!!

そのロフト9°と10.5°です!!

一般論としては近年のドライバーはロースピン化が著しいため、ロフトは多めが推奨とはなっております。
が!”カチャカチャ”付きドライバーの場合、立っているヘッドをロフト調整で増やして若干つかまる顔に変えたり、その逆に普段以上にロフト多めをチョイスしてロフトを立ててオープンフェースにしたりと調整機能がある事を踏まえたロフト選びも大いにアリな、これまでに無いまた新しいロフト選びがあったりします。

特にQi10の真ん中にあたるこのモデルでもつかまりは抑えめであるため、9°を目いっぱい寝かせてつかまり顔にするという選び方も現実的になっております。

その装着シャフトはお揃いのTour AD DI-6(S)!
しなやかな手元がタイミングの取りやすさを、強靭な先端が安定したヘッド挙動を実現するグラファイトデザインのロングセラーモデル。
先週、ジェネシスインビテーショナルで優勝した松山英樹プロが長年愛用するシャフトとしても知られている”Deep Impact”の名を冠したシャフトです。

同じDI装着のQi10を、今でしたらロフト違いで選んで頂けます。
お好みのロフトをお選びください!!
詳細は…
Qi10/10.5°
Qi10/9°
それぞれからどうぞ!!