最も完成されたモデル

 

昨年のEPIC旋風はいまだ衰えを知らず。

 

先に発売されたのは『EPIC STAR』と『EPIC SUBZERO』。

この時点で既に大ヒットしていましたが、

 

さらにフィーリング打感打音座り)にこだわり抜いたモデルとして昨年秋に発表されたのが

この『EPIC FORGED ドライバー』。

 

 

ここまでEPICの名を知らしめる結果となった象徴的な機能として、

フェース内部に搭載された2本のバー(棒)。

 

「たわまなくてもダメ。たわみ過ぎてもダメ。」

 

これまで各社が競ってきた“たわみを如何に高めるべきか”という問題を、

180度違う方向から製品化にたどり着いたEPIC FORGED。

計算されたテクノロジーは、今までにない反発性能を感じる事でしょう。

 

さらに、

『STARでは音が高い。』

『音は良いけど、SUBZEROでは難しい。』

 

それまで幾度か言われてきた改善点を見直し、フィーリングをさらに追求。

コンポジットクラウン設計からフルチタンへと生まれ変わったEPIC FORGED』は、

ここ数年の各社新製品の中でも、間違いなく“最も完成されたモデルの一つ”と言えるでしょう。

 

 

今回ご紹介するスペックは

『Fujikura SPD EVOLUTION 569(SR)』

 

 

ヘッド重量が適度な『EPIC FORGED』にとって、50g台シャフトとの相性は

『EVO Ⅳ 569』は他の同重量帯シャフトと比べ、“強い弾道”と“曲がりにくさ”が持ち味。

 

上がりやすさ、つかまりやすさをフォローするシャフトではない点は、

ソールに搭載された可変ウェイトの出番です!(ヒール側:10g バックサイド側:2g

 

 

2種類のウェイトを入れ替える事により、さらに弾道を上げやすくする事も可能です。

 

 

詳細はこちら

 

ゴルフエフォートオンラインショップ

http://golfeffort.com/